PR

スポーツ スポーツ

宮城・古川学園「よく踏ん張った」 強豪破りベスト4 春校バレー

【第72回春の高校バレー】女子準々決勝、八王子実践(東京)-古川学園(宮城)。試合に勝利し喜ぶ古川学園の選手ら=7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(須谷友郁撮影)
【第72回春の高校バレー】女子準々決勝、八王子実践(東京)-古川学園(宮城)。試合に勝利し喜ぶ古川学園の選手ら=7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(須谷友郁撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権は7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で、男女の3回戦と準々決勝計24試合が行われた。東北勢は女子の古川学園(宮城)が3回戦で三重を下し、準々決勝で八王子実践(東京)と対戦。エースのメリーサらの活躍でストレート勝ちを収め、ベスト4進出を決めた。男子は3回戦で東北(宮城)が鎮西(熊本)、不来方(岩手)が東福岡にいずれも敗れた。古川学園は11日の準決勝で共栄学園(東京)と対戦する。

 【男子】

 東北は、立ち上がりから苦しい展開。流れに乗り切れないまま第1セットを落とす。一転、気持ちを切り替えて臨んだ第2セットは、互いに譲らない激しい攻防。終盤、連続得点を許し、点差を縮められるが、25-23で逃げ切る。

 勝負の第3セット。手に汗握る展開が続く中、東北は阿部のスパイクなどでリードを奪うも、中盤に逆転を許す。それでも、仙台市から駆けつけた約200人を超える応援団の声援を受け、佐藤隆主将や阿部が躍動。積極的な攻撃で相手を翻弄し、徐々に詰め寄る。

 だが、最後は「逃げないのが大事」(佐藤主将)と思い切り放ったサーブがネットを揺らし、ゲームセット。悲願の日本一はならなかった。

 ●東北・吉田康宏監督「思い切っていけと送り出したが、選手に不安があり、こちらのミスから鎮西をのせてしまった」

 不来方は、全国高校総体4強の東福岡に果敢に挑んだが及ばず。ベスト8の目標には届かなかった。

 不来方は、第1セットから守勢に回り、苦しい展開。流れをつかめずセットを落とした。第2セットは互角の戦い。藤原のサービスエースなどで2点を先取。最高到達点338センチと全日本クラスの高さを誇る高橋が豪快な強打を決め、サウスポー下平の攻撃などで6-2とリードを奪う。

 中盤に逆転を許したが、中田主将のサービスエースや菊池遼の相手ブロックを利用した巧打、佐藤の強打などで一進一退の攻防を繰り広げ、初日から連日声援を送る約60人の応援団をわかせた。最後は押し切られたが、中田主将は「最高の3年間だった」と締めくくった。

 ●不来方・高橋新哉監督「ベスト8の目標に手が届くところまできた選手に、本当にありがとうと言いたい。第2セットは、自分たちらしさを出せた」

 【女子】

 3回戦で三重を危なげなく下した古川学園。準々決勝でぶつかった強豪・八王子実践(東京)にも堂々の戦いぶりで、勝利をもぎとった。

 第1セットは、両者打ち合いの展開。相手のブロックの間を縫う強打に対し、古川学園は、高い打点から放つメリーサの突き刺すようなスパイクで応戦。好レシーブも光り、流れを引き寄せて逃げ切った。

 第2セットはメリーサに加え、野呂も左右から強力なスパイクを放って相手の守備を翻弄。中盤、相手の高いブロックに苦しめられる場面もあったが、押し切った。4強進出にメリーサは「準決勝ではミスなくプレーしたい。最後まで頑張るしかない」と決意を新たにした。

 ○古川学園・岡崎典生監督「勝ててほっとしている。2セット目の苦しい展開で、相手を乗せずによく踏ん張った」

 ▽男子3回戦        

鎮西   225-141 東北  

      23-25      

      25-21      

東福岡  225-190 不来方 

      25-21      

 ▽女子3回戦        

古川学園 225-210 三重  

      25-19      

 ▽同準々決勝        

古川学園 225-190 八王子実

      25-22  践   

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ