PR

スポーツ スポーツ

長野・東京都市大塩尻「急いでしまった」金蘭会に屈す 春高バレー

【第72回春の高校バレー】東京都市大塩尻(長野)対金蘭会(大阪) 試合に負け肩を落とす東京都市大塩尻の選手ら=7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(須谷友郁撮影)
【第72回春の高校バレー】東京都市大塩尻(長野)対金蘭会(大阪) 試合に負け肩を落とす東京都市大塩尻の選手ら=7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(須谷友郁撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会は7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で男女3回戦と準々決勝計24試合が行われた。県代表の女子・東京都市大塩尻は3回戦で前回大会覇者の金蘭会(大阪)に敗れた。

 東京都市大塩尻は、立ち上がりから金蘭会の強烈なジャンプサーブやスパイクに翻弄される。「相手は高さがあるのでスピードで勝負しようと思ったが、勝ち急いでしまった」と狩野主将。連携を崩され、持ち味の多彩な攻撃が発揮できない。終盤、セッター山岸のバックトスからウイングスパイカー上島が強打を決め、食らいつくが、差を縮められないままこのセットを落とす。

 第2セットは一転、手に汗握る一進一退の攻防となった。狩野が「私たちはできる」と仲間を鼓舞。気持ちを切り替えたことで本来の姿を取り戻し、一時リードを奪うも、終盤に追いつかれジュースに。息詰まる接戦を繰り広げたが一歩及ばず、涙をのんだ。

 ●東京都市大塩尻・今井一仁監督「選手たちには、やってきたことは間違ってなかったという気持ちを持ってもらいたい」

 ▽女子3回戦             

金蘭会  2 25-14 0 東京都市大塩尻

(大阪)   29-27   (長野)   

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ