PR

スポーツ スポーツ

大阪・清風、金蘭会、大阪国際滝井 ともに勝つ 春高バレー

安来(島根)対清風(大阪)第1セット スパイクを放つ清風・山本航世(2)=6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(長尾みなみ撮影)
安来(島根)対清風(大阪)第1セット スパイクを放つ清風・山本航世(2)=6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(長尾みなみ撮影)
その他の写真を見る(1/8枚)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」として行われる第72回全日本バレーボール高等学校選手権は6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で、男女の2回戦32試合が行われた。大阪府代表の男子・清風は安来(島根)を2-0で破って初戦を制し、7日に福井工大福井(福井)と戦う。女子・大阪国際滝井は山形商(山形)を、金蘭会は安来(島根)をそれぞれストレートで下した。7日の3回戦で大阪国際滝井は富山第一(富山)と、金蘭会は東京都市大塩尻(長野)と対戦する。

 前回準優勝の清風は、初戦の硬さも「想定内」(工藤)と、落ち着いた試合運びで初戦をものにした。

 安来の強烈なサーブに揺さぶられた清風は、気持ちの焦りからブロックのタイミングなどがかみ合わず、第1セットは一時5点差を付けられる苦しい展開となる。

 苦しい流れを変えたい清風は、ムードメーカーの金子をピンチサーバーに送る。「期待されている。やってやろう」と意気込む金子に引っ張られ、清風は逆転に成功。終盤はエンジンがかかったエース工藤の強打や高梨の速攻で突き放してこのセットをものにした。

 第2セットは、持ち味の高さを生かしたブロックが光る。終始流れを渡さず、安来を圧倒した。

清風・山口誠監督「想定した事態ではあったが、春高独特の雰囲気にのまれ、硬くなった。重要な場面で決め切れるようにして明日の試合に臨みたい」

 9年連続9回目の出場で昨年の優勝校、金蘭会は2回戦から登場。王者の貫禄を見せつけて安来を破り、3回戦へと駒を進めた。

 第1セットは序盤から、西川や吉武が鋭いスパイクで猛攻を見せる。「今大会は主将らしいプレーでみんなを引っ張りたい」と話す宮部も、最高到達点309センチを誇る高さと力強さが持ち味のスパイクでチームを牽引。25-10でこのセットを奪った。

 勢いに乗る金蘭会は第2セット、西川と川上、宮部の強固なブロックが効果的に機能。スパイクをたたき落し、相手に得点を許さない。宮部の強打も次々に決まり、連続15得点を奪う。さらに吉武のサーブもさえわたり、安来を5点に抑えて圧倒的な強さを見せつけた。

金蘭会・池条義則監督「レフトがいいスパイクを打ち込めていたのがよかった。次戦は高さもテンポももう一段上がるので、しっかり対応したい」

 大阪国際滝井は2回戦から登場の山形商をストレートで破り、3回戦進出を決めた。中本、鹿嶋、重田らのサイド攻撃やスパイクで山形商の守りを崩し、終始リードする展開。清岡が安定したサーブで山形商の守りを崩し、点差を保つ。終盤は長いラリーを重田のアタックで制し、山形商に一度もリードを許さず、このセットをものにする。

 第2セットは、序盤から山形商のアタックをしぶとく拾い、つなぐバレーを展開する。鹿嶋、重田がスパイクで攻め立て点差を広げる。中盤の長いラリーでは高柳、鹿嶋、藤原がアタックを打ち込んで山形商に得点を許さない。終盤は城戸、重田、中井らのブロックが決まり、2セット連取で次戦へ駒を進めた。

大阪国際滝井・才崎哲次監督「前回より落ち着いてプレーした。次戦は苦戦すると思うので体力と知恵を使って頑張りたい」

 ▽男子2回戦        

清風   2 25-23 0 安来  

(大阪)   25-18   (島根)

 ▽女子2回戦        

金蘭会  2 25-10 0 安来  

(大阪)   25-5   (島根)

 ▽女子2回戦        

大阪国際滝井 2 25-17 0 山形商 

(大阪)     25-13   (山形)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ