PR

スポーツ スポーツ

東京勢4校が3回戦に 駿台学園、東亜学園ストレート勝ち 八王子実践も3回戦へ 春高バレー

相馬-駿台学園 第1セット、スパイクを放つ駿台学園・渡辺=武蔵野の森総合スポーツプラザ
相馬-駿台学園 第1セット、スパイクを放つ駿台学園・渡辺=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権は6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で、男女の2回戦32試合が行われた。東京都代表の男子・駿台学園は相馬(福島)に、東亜学園は鹿児島工にそれぞれ2-0で勝利。女子・八王子実践は就実(岡山)に、共栄学園は岡崎学園(愛知)にストレート勝ちを収めた。文京学院大女はフルセットの末、誠英(山口)に敗れた。7日の3回戦では、駿台学園が開智(和歌山)、東亜学園が東山(京都)、八王子実践が福井工大福井、共栄学園が京都橘とそれぞれ対戦する。

■駿台学園、危なげなく

 初戦をストレートで制した強豪・駿台学園は、2回戦も自慢の攻撃力で相馬を圧倒し、快勝した。次戦以降の日程も見据え、控え選手を多く起用する余裕も見せた。

 第1セット、駿台学園は立ち上がりから多彩な攻撃パターンを披露し、相馬を寄せ付けない。中島彬のバックアタックや染野の時間差攻撃もさえ、大量リード。ミスも少なく、度重なる連続得点で相手を突き放し、このセットを奪う。

 続く第2セットも勢いは止まらず、高さのある攻撃で着々と点差を広げる。相手がスパイクを放っても、伊藤主将を中心とするブロックではね返す。2セットを連取し、危なげなく勝ち星を挙げた。

 ◯駿台学園・梅川大介監督「3年生が試合を作ってくれた。次戦以降は勝負どころで攻めつつ、ミスしないことが重要となる」

■東亜学園、白熱の攻防制す

 手に汗握る一進一退の攻防を、東亜学園が制した。第1セット序盤、先行されたものの、チーム一の最高到達点3メートル25センチを誇る猪股のスパイクなどで同点に追いつく。さらに、井上の強烈なバックアタックや相手のスパイクミスなどで終盤に逆転。25-23でこのセットを奪った。

 第2セットも互いに譲らない白熱した展開。東亜学園は中盤にミスなどから差を広げられるが、井上にボールを集めると、井上も仲間たちの期待に応えるように、力強いスパイクを敵陣にたたき込み続ける。

 最後は猪股がサービスエースを連発。結局、東亜学園が2セットを連取し、勝利を飾った。

 ○東亜学園・佐藤俊博監督「これまでは落とすことが多かった試合展開だったが、勝てたのはすごく自信になる。みんな成長した」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ