PR

スポーツ スポーツ

国学院栃木はフルセットの激戦も力尽きる 宮崎・延岡学園に1-2

【第72回春の高校バレー】国学院栃木(栃木)-延岡学園(宮崎)。ブロックに跳ぶ国学院栃木の選手(中央、右)=6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(須谷友郁撮影)
【第72回春の高校バレー】国学院栃木(栃木)-延岡学園(宮崎)。ブロックに跳ぶ国学院栃木の選手(中央、右)=6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(須谷友郁撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会は6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で男女の2回戦32試合が行われた。2回戦から登場した栃木県代表の女子・国学院栃木は激戦の末、1-2で延岡学園(宮崎)に敗れ、3回戦進出はならなかった。男子・足利大付も5日の1回戦で敗れ、県勢は姿を消した。

 国学院栃木は第1セット序盤、相手の高さのあるブロックにつかまり、先行を許す苦しい展開。しかしリベロ舩田や那須がレシーブで食らいつき、流れを呼び込んで中盤に逆転に成功。チュクの強力なスパイクも決まり、このセットを先取する。

 続く第2セットは、相手の鋭いスパイクに苦戦。国学院栃木はセッター佐藤を中心にコートを広く使った攻撃で対抗するが、相手の安定した守備に阻まれ、波に乗ることができない。終盤には、中峯が高さを生かしたスパイクを決めるも追いつけず、勝負はフルセットにもつれ込む。

 最終セットも国学院栃木は果敢に攻め立てるが、相手のブロックを破ることができず、主導権を握れない。それでも、必死の守備で食らいつき、終盤に相手を追い詰めたが、一歩及ばず涙をのんだ。

 ●国学院栃木・曳地俊一監督「力不足で勝負についていけず、本当につらかった。またゼロからのスタートで頑張る」

 ▽女子2回戦         

延岡学園 221-251 国学院栃木

(宮崎)  25-17  (栃木)   

      25-22      

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ