PR

スポーツ スポーツ

東北勢男子は不来方、東北が3回戦進出 春高バレー

【第72回春の高校バレー】不来方(岩手)-高知(高知)。得点に喜ぶ不来方の選手ら=6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(萩原悠久人撮影)
【第72回春の高校バレー】不来方(岩手)-高知(高知)。得点に喜ぶ不来方の選手ら=6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(萩原悠久人撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権は6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で男女の2回戦32試合が行われた。東北勢の男子は東北(宮城)が清水桜が丘(静岡)、不来方(岩手)が高知を破り、女子は古川学園(宮城)が近江兄弟社(滋賀)を下した。このほか男子は山形南が東山(京都)、相馬(福島)は駿台学園(東京)に敗れ、女子は山形商が大阪国際滝井、1回戦で和歌山信愛を破った盛岡誠桜(岩手)は松山東雲(愛媛)、秋田北は広島桜が丘(広島)に屈した。7日の3回戦で東北は鎮西(熊本)、不来方は東福岡、古川学園は三重とそれぞれ対戦する。

【男子】

 初戦を勝ち上がった不来方は高知に対し、持ち前のコンビバレーをフル回転させて主導権を譲らず、ストレートで勝利した。

 不来方は高橋を中心に攻撃を組み立て、安定感のある試合運びを見せた。中盤まで激しい競り合いとなったものの、ミスの少ないプレーで着実に得点を重ね、第1セットを奪った。

 続く第2セットも、威力のあるサーブで相手の守りを崩し、得意のコンビバレーに持ち込むパターンでリードを保った。終盤のタイムアウト以後、高知に粘られたものの、長いラリーを制してマッチポイントを握り、勝ちきった。

◯不来方・高橋新哉監督「今までミスしていた場面で我慢し、ラリーに持ち込めた。一つ一つ丁寧にやっていきたい」

 優勝候補相手に善戦したが、力尽きた。山形南は第1セット、速さと高さに勝る東山の強烈なスパイクに苦しめられ、序盤から苦しい展開。佐藤のバックアタック、本間、菅井の移動攻撃で点差を縮めていくが、終始相手の高い壁に阻まれ、流れをつかみきれないままこのセットを落とす。

 第2セットも相手に主導権を握られる。山形南は中盤、相手守備を崩す佐藤のサーブや菅井の速攻で追いすがるが、最後は突き放され、及ばなかった。駆けつけた約200人の応援団に勝利を届けることはできなかった。

●山形南・小俣幸二監督「速さ、高さがある国体優勝チームを相手にやり切って戦えた。生徒たちは十分に力を出し切った」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ