PR

スポーツ スポーツ

埼玉栄、鎮西にストレート負け 強豪の堅守を崩せず 春高バレー

【第72回春の高校バレー】埼玉栄(埼玉)-鎮西(熊本)。得点に喜ぶ鎮西の選手=6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(萩原悠久人撮影)
【第72回春の高校バレー】埼玉栄(埼玉)-鎮西(熊本)。得点に喜ぶ鎮西の選手=6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(萩原悠久人撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権は6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で男女の2回戦32試合が行われた。埼玉県勢の男子・埼玉栄は、前々回優勝の強豪、鎮西(熊本)と対戦したが、0-2でストレート負けした。

 初戦で強豪の崇徳を破り勢いに乗る埼玉栄は2年前の春高で敗れた鎮西と対戦。リベンジへの強い思いを持ってぶつかったが、全国有数のエース、水町を擁する相手の猛攻と堅い守りに阻まれた。

 初戦に続き、埼玉栄のエースアタッカーの砂川が躍動。5日の崇徳(広島)戦で足がつるハプニングに見舞われ、状態が懸念されたが、第1セット序盤から強打を連発。もう一人のエース、橋本岳主将も巧みな攻撃で加点した。だが、相手の堅守を崩すことができず、ミスも相次いで17-25でこのセットを落とす。

 第2セットも、終始相手にリードを許す苦しい展開となった。埼玉栄は両エースに加えて、林の強打や島津、工藤の2枚ブロックなどで猛追するも、流れをつかみきれなかった。橋本岳は「同点になれば流れは来たが、そこでもう1点がとれなかった。リベンジしたかったので、とても悔しい」と言い残し、全国の舞台を去った。

 ●埼玉栄・伊藤寿一(ひさいち)監督「1回戦の疲れが残っていたようだ。ゼロからスタートして、サーブやレシーブの練習をしたい」

 ▽男子2回戦        

鎮 西  225-170 埼玉栄 

(熊本)  25-22  (埼玉)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ