PR

スポーツ スポーツ

静岡勢男子、清水桜が丘は持ち味発揮できず、16強ならず 春高バレー

【第72回春の高校バレー】東北(宮城)-清水桜が丘(静岡)。スパイクを放つ東北の選手(左)=6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(萩原悠久人撮影)
【第72回春の高校バレー】東北(宮城)-清水桜が丘(静岡)。スパイクを放つ東北の選手(左)=6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(萩原悠久人撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権は6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で男女の2回戦32試合が行われた。静岡県代表の男子・清水桜が丘は、全国高校総体準優勝の東北(宮城)にストレート負けを喫し、16強入りはならなかった。

 16強入りを狙った清水桜が丘だったが、東北の高いブロックと強力なサーブに押され、持ち味を発揮することができなかった。

 第1セット、清水桜が丘は立ち上がりから相手のサーブに苦しめられる。必死につないで追いすがるが、相手のテンポの早い攻撃に翻弄され、ブロックの的を絞り切れない。一気に突き放され、セットを失った。サーブで狙われた岡村は「エンドラインのギリギリに打たれ、厳しかった」とうなだれた。

 頼みのエース山田も厳しい体勢から打つ場面が多く、相手の高いブロックにことごとく捕まる。大量リードを許した第2セット中盤以降に、3枚ブロックの脇を打ち抜くなど本来の姿を取り戻したが、及ばなかった。山田は「何とかしてくれると信じて仲間がボールをつないでくれたが決めきれず、ふがいない」と唇をかんだ。

 ●清水桜が丘・沢口弘志監督「苦しくなったときこそ拾ってつながないといけない。山田も含めて試合の入りが悪かった」 

 ▽男子2回戦                      

東北 2 25-16 0 清水桜が丘             

(宮城) 25-19   (静岡)              

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ