PR

スポーツ スポーツ

男子は総体Vの松本国際がストレート勝ち 2回戦からシード校も登場 春高バレー速報(1)

ブロックに跳ぶ松本国際・板井慎之介(左・11)と嶋邦紘(5)=6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(長尾みなみ撮影)
ブロックに跳ぶ松本国際・板井慎之介(左・11)と嶋邦紘(5)=6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(長尾みなみ撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権は6日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで男女の2回戦が行われた。

 この日からはシード校も登場。男子は、昨夏の全国高校総体を制した松本国際(長野)がストレート勝ち。主力として京都を国体優勝に導いた東山(京都)もストレートで山形南(山形)を下し、3回戦に駒を進めた。女子は、福井工大福井(福井)が2回戦を突破した。

▽男子2回戦

東山(京都)2-0山形南(山形)

松本国際(長野)2-0大分南(大分)

▽女子2回戦

福井工大福井(福井)2-0九州文化学園(長崎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ