PR

スポーツ スポーツ

大本命・東山が快勝発進「緊張した」 春高バレー

【第72回春の高校バレー】東山(京都)対前橋商(群馬) 第2セット、スパイクを放つ東山・高橋藍(1)=5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(鴨川一也撮影)
【第72回春の高校バレー】東山(京都)対前橋商(群馬) 第2セット、スパイクを放つ東山・高橋藍(1)=5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(鴨川一也撮影)

 6年ぶりの大舞台で、東山が持ち味の高速バレーを見せつけた。前後左右から抜け目のない攻撃を展開して前橋商にストレート勝ち。豊田充浩監督は「最初は硬さがあったが、その中でもしっかりゲームを組んでやってくれた」と初戦突破に笑みを浮かべた。

 同世代では屈指のアタッカー高橋藍(3年)、中学時代に全国優勝経験のあるセッター中島健斗(3年)を擁し、戦力は全国トップクラス。過去2年は京都大会決勝で洛南の前に涙をのんだが、今季は鬱憤を晴らすかのように、高校総体で4強入り。京都選抜の主力として挑んだ国体は頂点に立った。今大会も堂々の優勝候補だ。

 高橋は春高の代名詞であるオレンジコートに立ち「めちゃくちゃ緊張した」。第1セット序盤は硬さからスパイクがなかなか決まらなかったが、点数を重ねるうちに表情に余裕が出てきた。

 開会式では、ライバルで友人でもある洛南の溝井健太主将(3年)が、前回覇者として優勝旗を返還。高橋は「彼には京都代表として、洛南の分まで頑張ってくると伝えた。もちろん日本一を目指したい」と必勝を誓った。(川峯千尋)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ