PR

スポーツ スポーツ

元気届けた沖縄・首里 春高バレー

【第72回春の高校バレー】安来(島根)対首里(沖縄) 試合に敗れ、肩を落とす首里の選手ら=5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(萩原悠久人撮影)
【第72回春の高校バレー】安来(島根)対首里(沖縄) 試合に敗れ、肩を落とす首里の選手ら=5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(萩原悠久人撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権は5日、1回戦が行われ、6年ぶり2回目出場の首里はストレートで安来に敗れた。

 東風平和成監督は「普段やらないミスが出てしまった」と肩を落とした。

 昨年10月に火災があった首里城の近くに位置する高校。登野城有夏(3年)は「沖縄で見ている人に、少しでも感動とか与えられたら」と臨んだ一戦だった。第2セットは先行されながら終盤に追いつく意地を見せた。東風平監督は「ミスはあったが、少しは粘り強さを発揮できたかな」とうなずいた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ