PR

スポーツ スポーツ

埼玉栄、フルセットの末に崇徳下す 細田学園は善戦及ばず初戦敗退 春高バレー

【第72回春の高校バレー】〈C5男子 崇徳(広島)対埼玉栄(埼玉)〉 第1セット スパイクを放つ埼玉栄・砂川裕次郎(2)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・福島範和)
【第72回春の高校バレー】〈C5男子 崇徳(広島)対埼玉栄(埼玉)〉 第1セット スパイクを放つ埼玉栄・砂川裕次郎(2)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・福島範和)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」として行われる第72回全日本バレーボール高等学校選手権が5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(調布市)で開幕し、男女の1回戦40試合が行われた。県勢は男子・埼玉栄がフルセットの接戦の末、崇徳(広島)に勝利、女子・細田学園は東京都市大塩尻(長野)にストレート負けを喫した。6日の2回戦で埼玉栄は強豪、鎮西(熊本)と対戦する。

 劇的な幕切れとなった。埼玉栄は、全国有数の強豪校と一進一退の攻防を展開。フルセットにもつれたが、最後は執念で勝利をもぎとった。

 第1セットは橋本岳主将の高い打点から放たれるスパイクや、砂川のブロックなどで先取。続く2セット目は、橋本岳、砂川の両エースに加えて林や工藤も活躍したが、崇徳の猛攻でセットを落とす。

 運命を分ける3セット目。島津、工藤の2枚ブロックやリベロ橋本拓の安定感のあるレシーブが光ったが、チームの柱の砂川が足をつり、ゲーム途中から一時離脱。それでも、最終盤で「自分が決めるしかないと思った」という橋本岳を中心に奮闘し、最後は砂川も復帰し、29-27で初戦を制した。

 ○埼玉栄・伊藤寿一(ひさいち)監督「1セット目はミスが多かったが、最後はしっかりと決めてくれた。2回戦もサーブとブロックを決めれば負けないと思う」

 派手なプレーよりも、着実に球をつないで好機をつかむ粘り腰が持ち味の細田学園だが、今回は力を出し切ることができなかった。

 第1セットは、序盤からチーム屈指のスパイカーである井上杏の強打や、伊藤主将のブロックがさえたものの、東京都市大塩尻の猛攻に苦しむ。「背が高い相手にうまくブロックできず、攻撃も考えられなかった」(伊藤)。並木のクロススパイクなどで点を加えたが、大差でこのセットを落とす。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ