PR

スポーツ スポーツ

長野代表の女子・東京都市大塩尻が埼玉代表の細田学園に勝利 春高バレー

【第72回春の高校バレー】A3 東京都市大塩尻(長野)対細田学園(埼玉) 試合に勝利し喜ぶ東京都市大塩尻の選手ら=5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(須谷友郁撮影)
【第72回春の高校バレー】A3 東京都市大塩尻(長野)対細田学園(埼玉) 試合に勝利し喜ぶ東京都市大塩尻の選手ら=5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(須谷友郁撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」として行われる第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会は5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で開幕し、男女の1回戦40試合が行われた。長野県代表の女子・東京都市大塩尻は細田学園(埼玉)と対戦、2-0で勝利し、2回戦進出を決めた。男子・松本国際は6日の2回戦から登場する。

 東京都市大塩尻は第1セット、序盤から相手の粘り強いレシーブに苦戦するも、サウスポー上島(かみしま)の角度のあるスパイクが連続で決まり、徐々に点差を広げる。相手の的確なブロックに攻撃を阻まれる場面もあったが、左右に散らした攻撃を効果的に用いて連続得点し、流れを引き寄せてこのセットを奪う。

 続く第2セットも、西原のスパイクやフェイントなどで波に乗り、序盤はリード。しかし、中盤以降は相手の強打で守備を崩される場面が増え、競った展開になる。

 最後はジュースに持ち込まれたが、ここでも西原の安定したレシーブやスパイクが光り、逃げ切りに成功。2回戦進出を決めた。西原は「ここでやらなきゃいけないという思いだった。次も自分のいいところを出していきたい」と笑顔を見せた。

 ●東京都市大塩尻・今井一仁監督「動きは硬かったが、よく崩れずに粘った。次の相手もしっかり分析し勝ちたい」

 ▽女子1回戦        

東京都市 2 25-18 0 細田学園

大塩尻    28-26  (埼玉)

(長野)    

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ