PR

スポーツ スポーツ

山梨の女子・増穂商は富山第一に逆転負け 春高バレー

【第72回春の高校バレー】増穂商(山梨)対富山第一(富山) 第2セット 得点を取られ肩を落とす増穂商の選手ら=5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(須谷友郁撮影)
【第72回春の高校バレー】増穂商(山梨)対富山第一(富山) 第2セット 得点を取られ肩を落とす増穂商の選手ら=5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(須谷友郁撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」として行われる第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会は5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で開幕し、男女の1回戦40試合が行われた。県代表の女子・増穂商は富山第一(富山)にフルセットの逆転負けを喫し、初戦突破はならなかった。男子・日本航空は6日の2回戦から登場する。

 増穂商は第1セット、ガレリアノと小沢主将の両エースの攻撃で先行する。終盤、相手に追い上げられるが、小沢主将が立て続けにスパイクを決め、セットを先取する。

 第2セットは序盤から相手にリードを許す苦しい展開。終盤に小沢の攻撃で追い上げ、上野がスパイクを決めてジュースに持ち込むが、セットをものにできなかった。

 第3セットは中盤、小沢が2連続でサービスエースを決めてチームを盛り上げる。その後、激しい点の奪い合いとなるが、終盤にはガレリアノのスパイクで2点リード。しかし、相手の猛攻を受け、逆転を許した。小沢は「競った場面で相手の気持ちの強さの方が上だった」と唇をかんだ。

 惜しくも2回戦進出はならなかったが、健闘した選手たちに応援席から温かい拍手が送られた。

 ●増穂商・辻智之監督「選手は精いっぱいプレーしたが、勝負どころで点が取れなかった。また一からチームを作っていく」

 ▽女子1回戦        

富山第一 2 22-25 1 増穂商 

(富山)   26-24  (山梨)

       25-22      

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ