PR

スポーツ スポーツ

6年ぶりアベック出場の茨城・土浦日大 男女とも1回戦は九州勢と対決

土浦日大・男子チーム
土浦日大・男子チーム
その他の写真を見る(1/2枚)

 ジャパネット杯「春の高校バレー」として行われる第72回全日本バレーボール高等学校選手権(産経新聞社など主催)が5日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する。茨城県からは6年ぶりに土浦日大の男女がそろって出場を決めた。男子は都城工(宮崎)と、女子は九州文化学園(長崎)と、それぞれ5日の1回戦で対戦する。

 土浦日大の男子は2年連続9回目の出場。県予選では準々決勝、準決勝、決勝とストレート勝ちを重ねた。吉田達也監督は「みんなで『相手をいかに止めるか』『どこのコースを狙うか』と対策を練った結果だ」と語り、全員バレーの姿勢を強調する。

 週2回の筋力トレーニングで、相手の強力なスパイクでもはじかれない強力なブロックや敏捷(びんしょう)性も鍛えてきた。

 3年生のエース・立原が高い打点から相手のブロックをはじき飛ばす強烈なスパイクを打てば、2年生の宮根が左からのスパイクを繰り出す。立原は「エースの自覚はある。仲間がつないでくれたボールが自分に託されたと思って心を込めて打つ」。宮根も「コースを打ち分けるのが自分の持ち味。相手のブロックの低い方を瞬時に判断している。ジャンプサーブで相手を崩すのも得意」と自信を持つ。

 一方、女子の主将、村野は「高いブロックとコンビネーションバレーが土浦日大の伝統。これができれば必ずいい結果が出る」と断言する。県予選では、ライトの村野が相手のブロックをはじき飛ばす強力なスパイクを放ち、レフトの高橋がコースを打ち分けて得点を積み上げた。

 178センチの小野を筆頭に、ブロックからレシーブで粘り、攻撃につなげるのが特徴。今村直美監督が「プレー中に人の気持ちが分かる」と期待を寄せる大型セッター、173センチの有金は「勢いを保ち、今までやってきた技術やメンタルを出したい」と意気込む。

 優勝を目指した5月のインターハイで県3位にとどまり、チームの意識は変わった。春高バレー県予選は「絶対優勝する」という目標に食らいつき、2年ぶり19回目の全国切符をつかんだ。「あきらめないでテーマを決めて毎日練習してきた結果が出た」と今村監督は振り返る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ