PR

スポーツ スポーツ

東福岡が4強入り一番乗り 9トライで流通経大柏に完勝 全国高校ラグビー

【第99回全国高校ラグビー】流通経大柏(千葉)対東福岡(福岡) 後半、トライを決める東福岡・広瀬雄也=花園ラグビー場(撮影・甘利慈)
【第99回全国高校ラグビー】流通経大柏(千葉)対東福岡(福岡) 後半、トライを決める東福岡・広瀬雄也=花園ラグビー場(撮影・甘利慈)

 ラグビーの全国高校大会第5日の3日、花園ラグビー場で準々決勝が行われ、第1試合では東福岡が序盤からバックス陣の展開力で流通経大柏(千葉)を圧倒。Bシード同士の対戦に57-10で完勝し、7大会連続の4強入りを決めた。

 9トライを奪う猛攻の幕を開けたのは、藤田監督が「うちの看板」というWTB高本だった。前半3分、敵陣22メートルライン付近でパントキックを蹴ると、そのまま拾って先制トライ。「ゲームにいい入り方ができて、チームも乗っていけた」と自賛する高本は、前半だけで3トライを挙げた。

 前半を28点差で折り返したチームは、後半も突破力のあるFWを起点にバックスがグラウンドを幅広く使って相手ディフェンスを振り切り、トライを量産。次戦以降をにらみ、主力をベンチに下げる余裕も見せた。

 3大会ぶりの頂点まであと2勝。それでも主将のCTB広瀬は「自分たちのラグビーをやるだけ。パスミスもまだ目立っていたので、修正したい」と冷静に話した。(上阪正人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ