PR

スポーツ スポーツ

早大が6大会ぶり決勝へ ラグビー大学選手権、準決勝で天理大破る

早稲田大対天理大の前半、早大・古賀由教がトライ=秩父宮ラグビー場(山田俊介撮影)
早稲田大対天理大の前半、早大・古賀由教がトライ=秩父宮ラグビー場(山田俊介撮影)

 ラグビーの全国大学選手権は2日、東京・秩父宮ラグビー場で準決勝を行い、第1試合は最多15回の優勝を誇る早大(関東対抗戦2位)が計8トライを挙げて52-14で天理大(関西1位)に圧勝し、11日に東京・国立競技場で開かれる決勝に駒を進めた。

 早大は強力なバックス陣が強さと速さを示し、WTB古賀の2トライなどで21-7とリードして前半を折り返した。後半もプロップ久保らのトライで突き放し、6大会ぶりの決勝に駒を進めた。天理大はラインアウトでボール確保に再三失敗するなどミスが相次ぎ、2大会連続の決勝進出はならなかった。

 第2試合では2連覇を目指す明大(関東対抗戦1位)と初優勝を狙う東海大(関東リーグ戦1位)が対戦。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ