PR

スポーツ スポーツ

ジュニアラグビー開幕 3ブロックで優勝争う

 中学生世代のラグビー選手の育成などを目的とする「第25回全国ジュニア・ラグビーフットボール大会」(主催・日本ラグビーフットボール協会、後援・産経新聞社など)が27日、東京都江東区の夢の島競技場などで始まった。29日まで。

 大会はU-15カテゴリ(中学2、3年生)を対象に12人制で実施。関東、関西、九州の3地区のラグビーフットボール協会が推薦した中学校やラグビースクールの選手による選抜16チームが第1、第2ブロックに分かれ、女子4チームの第3ブロックと合わせ、トーナメント戦でそれぞれブロック優勝を争う。

 1日目は1回戦10試合が行われ、第1ブロックは福岡県代表、茨城県中学校代表、大阪府スクール代表、大阪府中学校代表が、第2ブロックは群馬県スクール代表、兵庫県スクール代表、東京都スクール代表、神奈川県スクール代表が準決勝に進んだ。第3ブロックは九州北部女子代表と東京都女子代表が28日に行われる決勝戦に進んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ