PR

スポーツ スポーツ

文京学院大女、旋風の予感 春高バレー1月5日開幕

11月、東京都予選・八王子実践との試合で、ブロックに飛ぶ文京学院大女子・清田萌と広田あい駒沢オリンピック公園体育館(佐藤徳昭撮影)
11月、東京都予選・八王子実践との試合で、ブロックに飛ぶ文京学院大女子・清田萌と広田あい駒沢オリンピック公園体育館(佐藤徳昭撮影)

 「春の高校バレー」として行われる第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞社など主催)は来年1月5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で開幕する。混戦が予想される女子で、台風の目となりそうなのが文京学院大女(東京)だ。中学時に全国優勝を経験した世代がチームに加わり、東京都大会を制し、本大会に乗り込む。1年生アタッカーの広田あいは「東京の第1代表として簡単には負けられない」と闘志を燃やす。

 会場には「まさか」という雰囲気が漂った。11月17日、駒沢体育館で行われた東京都大会準決勝。文京学院大女はサーブで今秋の国体覇者、下北沢成徳の陣形を切り崩し、ストレート勝ち。勢いに乗ったチームは決勝でも名門の八王子実践を2-0で破った。

 「成徳には重圧もあったと思う。勝利はたまたま」。吉田岳史監督は謙遜するが、「あの試合を経験した強さはあると思う」とチームの成長を認める。

 3年連続11回目の本大会出場となる文京学院大女だが、東京都大会を制したのは、本大会が1月開催となった2010年度以降、初めて。躍進の中心となったのが、文京学院大女中3年だった昨夏に全日本中学校選手権(全中)で頂点に立った広田やアタッカー樋口友梨を中心とする1年生だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ