PR

スポーツ スポーツ

「リオは心残り」東京でのメダルへ決意 ラグビー7人制の桑水流

 ラグビー7人制男子の日本代表候補が26日、合宿中の東京都府中市で取材に応じ、2016年リオデジャネイロ五輪4位の日本代表で主将を務め、7人制の活動に今年復帰した34歳の桑水流(コカ・コーラ)は「リオでメダルを取れなかったのは心残り。代表が勝たないと7人制の認知度もあがらない」と語り、東京五輪でのメダル獲得に決意を示した。

 リオ五輪ではニュージーランドを破るなど躍進したがメダルに届かなかった。一度は7人制を離れたが「東京五輪が近づくにつれて(やりたい)気持ちが大きくなった」と復帰の理由を述べた。同じくリオ五輪代表の坂井(豊田自動織機)も「まだ日本ではセブンズが浸透していない。メダルがないと環境は変わらない」と覚悟を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ