PR

スポーツ スポーツ

関学大、明大に惜敗も大健闘「未来につながる」 ラグビー大学選手権

試合に敗れ、肩を落とす関西学院大の選手ら=秩父宮ラグビー場(桐原正道撮影)
試合に敗れ、肩を落とす関西学院大の選手ら=秩父宮ラグビー場(桐原正道撮影)

 ラグビーの全国大学選手権準々決勝で、関西3位の関学大が、2連覇を目指す明大に終盤まで食い下がる大健闘をみせた。

 個の力で勝る相手に対し、体力を削られるコンタクト勝負を極力避けるため、タッチキックを活用してプレータイムを減らす「ラグビーのトレンドとは逆」(牟田監督)の戦略を採用。ロースコアの展開に勝機を見いだしたが、一歩及ばなかった。

 それでも、鍛え上げてきたスクラムでは相手を圧倒した。プロップ原口主将は「自分たちの力を出し切った。関学の未来につながる試合ができた」と納得の表情を浮かべた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ