PR

スポーツ スポーツ

春高バレー 神奈川代表女子2校をご紹介

第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会 チーム紹介 女子神奈川県代表、橘
第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会 チーム紹介 女子神奈川県代表、橘
その他の写真を見る(1/2枚)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」として来年1月5日に「武蔵野の森総合スポーツプラザ」(東京都調布市)で開幕する「第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会」(日本バレーボール協会、産経新聞社、フジテレビなど主催)を前に、激戦を勝ち抜いた県の代表校のうち、女子2チームを紹介する。

 ■橘

 2年連続25度目の出場となる橘は、大会初日の5日に初戦を迎える。対戦相手は7年連続12度目出場の富士見(静岡)。練習試合では何度も戦った経験はあるものの、坂本誠二監督は「今年は速攻に加えて、守りも堅いと聞いている。これまで通りにはいかない」と警戒を強める。

 県予選決勝では、横浜隼人が仕掛ける粘り強い攻撃を、堅固なディフェンス力ではね返した。攻撃面でも本領を遺憾なく発揮し、昨年度に続いて頂点の座に輝いた。「夏のインターハイ出場を逃していたので、『ここで終わるわけにはいかない』という気持ちで練習を続けてきた」と、坂本監督は振り返る。

 チームの主軸は3年で主将の島田寧々と、パワーヒッターの佐々木サンドラ。レギュラーメンバーは170センチ以上の長身ぞろいで、高い位置から繰り出す攻撃が持ち味だ。島田は「試合中の雰囲気が良く、学年に関係なく明るいバレーができるのも強み」と語る。

 春高で、チームが掲げる目標はベスト8。坂本監督は、相手の攻撃でディフェンスが崩されたときの対応力が鍵になるとしている。レシーブカットやディグの精度を向上させ、本番に臨めるよう日々練習に励んでいる。坂本監督は「レシーブからクイックや時間差攻撃に持ち込んで、『橘のバレー』ができるかが勝負」と話し、島田も「一試合一試合、大事に戦うことで、最後は勝ちに結びつけたい」と、大舞台を前に意気込む。

 ■横浜隼人

 今大会で春高初出場となる横浜隼人は、大会初日に登場する。対戦相手は、音に聞こえた強豪の古川学園(宮城)だ。佐藤喜一郎監督は「古豪と対戦することになるが、全員バレーでどんなボールにも食らいつくことが、勝利につながる」と闘志を燃やす。

 県予選決勝までは、正確なボールコントロールを意識して練習。パスやスパイク、サーブなどの精度を着実に向上させて、試合に臨んだ。主将の福田鈴菜は「チームで一番苦手だったサーブレシーブを重点的に練習した。毎日の練習の成果を、試合で出すことができてよかった」と初出場の喜びをかみしめる。

 攻撃の中心は、レフトの野口彩陽。高いジャンプ力を誇り、キレの良いスパイクを繰り出すチームのまさに「得点源」だ。さらに、ミドルの好プレーヤーである佐藤菜月、ライトの福田がチームを固める。「センター陣は、素早い速攻が持ち味。リベロも広い範囲のボールを取れるので、拾い負けはしない」と福田は強調する。

 チームの目標は8強。練習ではサーブレシーブとブロックをこれまで以上に強化することで、相手の攻撃をかわし、本番では得意の速攻に持ち込みたい考えだ。佐藤監督は「まずは1回戦を勝ち抜き、その後の一戦ずつを長く戦い続けることだ」と話し、福田も「相手は高い技術を持っているが、自分たちもチームの強みを出し切れるような試合にしたい」と初戦突破を力強く誓った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ