PR

スポーツ スポーツ

春高バレー 神奈川代表男子2校をご紹介

男子神奈川県代表、橘=神奈川県小田原市の小田原アリーナ(浅上あゆみ撮影)
男子神奈川県代表、橘=神奈川県小田原市の小田原アリーナ(浅上あゆみ撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」として来年1月5日に「武蔵野の森総合スポーツプラザ」(東京都調布市)で開幕する「第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会」(日本バレーボール協会、産経新聞社、フジテレビなど主催)を前に、激戦を勝ち抜いた神奈川県の代表校のうち、男子2チームを紹介する。

■橘

 春高出場の常連校として全国で名をはせる橘だが、昨年度の春高は初戦でストレート負けという悔しい結果に終わった。今年は「ベスト8入り」を目標に掲げ、同じ舞台での雪辱を果たそうと燃えている。

 県予選前の全国高校総体予選では1セットも失わずに優勝。県予選でもその勢いは衰えず、山本帯刀(たてわき)と梶原由哉のダブルエースを中心とした攻撃と手堅い守備が光った。それでも、中村進太朗監督は「今のままでは全国で通用しない」と話す。春高ではダブルエースに球が集まりすぎず、いかに他のプレーヤーが攻撃をしかけていくかが鍵となるという。ローテーションを新たにし、強みのコンビバレーに磨きをかけている。

 また、県予選を経て課題が見つかった。慶応と戦った決勝の2セット目、ミスが続いて相手に流れを渡しそうになった場面があった。ミスが起きた理由を「ミスの直前にバレーの基本動作が崩れたから」と中村監督は分析し、サーブやレシーブの基礎練習を徹底させている。

 初戦は2回戦で、松阪工(三重)と雄物川(おものがわ、秋田)の勝者と対戦する。中村監督は「持っている力を出し切ってほしい」と選手に期待を込める。橘は昨年度に引き続いて男女ともに春高に出場するため、多くの生徒が応援に駆けつける予定だ。主将の小牧隼人は「応援に来る人たちを悔しい思いで帰したくない」と話し、橘らしいコンビバレーを武器に、高みを目指して全国の舞台に臨む。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ