PR

スポーツ スポーツ

元潮丸通夜 師匠の元高見山「まだ若い。もう少しいてほしかった」

東関親方の通夜に出席した元関脇高見山の渡辺大五郎氏=18日、東京都葛飾区
東関親方の通夜に出席した元関脇高見山の渡辺大五郎氏=18日、東京都葛飾区

 大相撲の元幕内潮丸で、13日に血管肉腫のために41歳で死去した東関親方(本名・佐野元泰)の通夜が18日、東京都葛飾区の東関部屋で高砂一門葬として営まれた。葬儀委員長を務めた日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)、現役時代の師匠で先代東関親方(元関脇高見山)の渡辺大五郎氏、現役時代の弟弟子で部屋付きの振分親方(元小結高見盛)ら約550人が別れを惜しんだ。

 東関部屋は昭和61年に渡辺氏が創設し、定年退職に伴い、現東関親方に継承した。渡辺氏は「まだ若い。こういうことになって…。これからですよ。もう少しいてほしかった」と肩を落とした。

 八角理事長は「最後の1年間は闘病生活で、家族のため、力士のため復帰するという強い気持ちで頑張っていたところ残念でなりません。笑顔が絶えず、みんなに慕われていました」などとする談話を発表した。

 東関部屋関係者によると、同部屋出身の元横綱、曙太郎氏もこの日昼に焼香に訪れたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ