PR

スポーツ スポーツ

西日本豪雨を乗り越え五輪目指す 岡山で渋野選手会見

岡山県スポーツ特別顕賞授与式後の会見で笑顔の渋野日向子=岡山市北区の岡山県庁(水島啓輔撮影)
岡山県スポーツ特別顕賞授与式後の会見で笑顔の渋野日向子=岡山市北区の岡山県庁(水島啓輔撮影)

 今年8月の「AIG全英女子オープン」で日本勢として42年ぶりの海外メジャー制覇を果たした女子プロゴルファー、渋野日向子(しぶのひなこ)選手(21)が6日、地元・岡山に凱旋(がいせん)した。市役所や県庁での式典などに出席。県庁での「岡山県スポーツ特別顕賞」授賞式後の記者会見では、競技に真摯(しんし)に向き合い郷土を愛するアスリートの姿をうかがわせた。主な一問一答は以下の通り。

 ■久しぶりの地元

 --受賞の感想は

 「久しぶりに『すごいことをしたんだな』という実感がありました。全英で優勝してから、なかなか外に出る機会がなく、岡山の方とふれあうのは久しぶり。県庁に来た瞬間の人の多さにびっくりして、うれしいというか、恥ずかしいというか、そんな感じでした」

 --オフシーズンは

 「母のご飯が最近食べられなかったので、たくさん食べたい。高校の同級生とも会いたい。ゲームを全クリアしたいです」

 --ゲームというのは

 「ポケモンです」

 --岡山で行きたいところは

 「高校、中学校に、あいさつに行けたらいいなと思っています。蒜山(ひるぜん)高原とか行けたらいいな。ひるぜん焼きそばを食べたいです」

 ■この1年

 --今年はどんな年だった

 「最初はシードを目指して頑張っていたんですが、5月に国内メジャーに優勝して、名前が知られました。たくさんの人に応援していただける環境が、本当に素晴らしいことなんだと思います」

 --今年を漢字1文字で表すと

 「最終戦が終わってからも言ったんですけど『謎』です。なぜこんな結果が出せたのか分からない」

 --今年1年のベストパット、ベストショットは

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ