PR

スポーツ スポーツ

追加宿泊費などIOC負担 五輪マラソンの札幌移転に伴い

記者会見するIOCのデュビ五輪統括部長(左)とマコネル競技部長=4日、ローザンヌ(共同)
記者会見するIOCのデュビ五輪統括部長(左)とマコネル競技部長=4日、ローザンヌ(共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 国際オリンピック委員会(IOC)のデュビ五輪統括部長は4日、スイスのローザンヌで開かれた理事会第2日の審議後に記者会見し、東京五輪のマラソンと競歩の札幌への会場変更に伴う追加費用について「支援スタッフや追加分の宿泊などで負担を検討している」と明らかにした。

 IOCは東京都、大会組織委員会、政府と11月に開いた4者協議で、移転で発生する費用は都が負担しないことを確認した。その後の組織委と札幌市、北海道の実務者会議では仮設設備を含む大会経費を組織委とIOCが支払うなどの原則で一致している。

 デュビ部長は毎夏開催の北海道マラソンのコースをベースとすることで道路の舗装やインフラは整備済みと指摘。札幌ドームでサッカーの1次リーグを実施するため「相乗効果も得られる。地元自治体の費用はかなり限定される」と述べた。

 マコネル競技部長は、8月のテスト大会で熱中症の症状を訴える選手が出た水泳のオープンウオーター(OWS)会場を東京湾のお台場海浜公園から変更することはないと断言した。開始時間の前倒しについても「(根拠となる)データが現時点ではない」とした。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ