PR

スポーツ スポーツ

春高バレー出場、山形商に「つや姫」と山形牛10キロ JA山形など贈呈

JAやまがたなどから激励品を受け、春高バレー全国大会で必勝を誓う山形市立商業高校バレーボール部員ら=4日、山形市立商業高校(柏崎幸三撮影)
JAやまがたなどから激励品を受け、春高バレー全国大会で必勝を誓う山形市立商業高校バレーボール部員ら=4日、山形市立商業高校(柏崎幸三撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 「春の高校バレー」として来年1月5日に開幕する第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会に山形県代表として出場する山形市立商業高校の女子バレーボール部を激励しようと、JA山形市とJAやまがた、JA共済連山形は4日、県産米「つや姫」60キロと山形牛10キロを贈った。

 贈呈式で、JA山形市の大山敏弘代表理事組合長は「このコメは暑い中で育った根性のあるコメ。たくさん食べて頑張ってほしい」、JAやまがたの岡崎輝明代表理事組合長は「スポーツは人間に力を与えてくれる。(県大会では)われわれも力をもらった。山形牛を食べてパワーを出して全国大会に臨んでほしい」と激励した。

 目録を受け取った同部の水澤可奈主将は「十分な激励品を頂き、ありがとうございます。これをいただいて精いっぱい頑張ってきたい」と応えた。

 同高の小林勝喜校長は「チームワークが良く粘り強さがあり、県大会の決勝も逆転勝ちした。全国大会は千葉、大阪の勝ち上がってきたチームとの戦いになるが、どちらも強豪校。JAのみなさまが作ったコメと肉を食べ、粘り強さで戦いたい」と感謝していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ