PR

スポーツ スポーツ

E1選手権の日本代表に仲川らが初選出 全22選手が国内組

SAMURAI BLUE及び、Uー22日本代表のメンバー発表をおこなったサッカー日本代表・関塚隆技術委員長 =東京・文京区(戸加里真司撮影)
SAMURAI BLUE及び、Uー22日本代表のメンバー発表をおこなったサッカー日本代表・関塚隆技術委員長 =東京・文京区(戸加里真司撮影)

 日本サッカー協会は4日、10日から韓国で行われる東アジアE-1選手権に臨む日本代表22人を発表した。全選手が国内でプレーしており、ワールドカップ(W杯)アジア2次予選を戦っている室屋(FC東京)や鈴木(札幌)らに加え、仲川(横浜M)や田中(川崎)ら10人が初めて招集されるフレッシュな顔ぶれとなった。

 都内で会見した森保一監督は「東アジアのチームが威信をかけて挑んでくる厳しい戦いとなる。日本のサッカーを背負って勝利にこだわって戦っていく」と述べた。

 8日からトレーニングを開始する。大会は日本、韓国、中国、香港の1回戦総当たりのリーグ戦で争われ、日本は10日に中国、14日に香港、18日に韓国と対戦する。

 メンバーは以下の通り。▽GK中村航輔(柏)、小島亨介(大分)、大迫敬介(広島)▽DF佐々木翔(広島)、室屋成、三浦弦太(G大阪)、畠中槙之輔(横浜M)、渡辺剛(FC東京)、古賀太陽(柏)▽MF仲川輝人、大島僚太(川崎)、橋本拳人(FC東京)、鈴木武蔵、井手口陽介(G大阪)、相馬勇紀(鹿島)、森島司(広島)、田中駿汰(大体大)、遠藤渓太(横浜M)、田中碧▽FW小川航基(水戸)、上田綺世(鹿島)、田川亨介(FC東京)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ