PR

スポーツ スポーツ

【ちば人物記】ボクシング・ジュニア全国大会優勝 石川翔さん(12)「見る人が楽しめるボクシングで世界チャンプに」

 あこがれるのは、世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級統一王者で11月7日にワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)の同級優勝を果たした井上尚弥選手。自身も同じ右利きのファイタータイプのボクサーで「プロになって、見ている人が楽しめる試合をして、世界チャンピオンになりたい」と意気込みをみせる。

 小1のとき偶然目にしたボクシングジムのチラシでボクシングと出合い、大きく変わった人生。プロボクサーになり、世界チャンピオンになるという将来の大きな夢に向けて、日々のトレーニングを欠かさず、着実に歩みを進める。

 いしかわ・かける 平成19年、埼玉県春日部市出身。さいたま市在住。小学校1年生で野田スターボクシングジム(野田市)に入会。一発で試合を決める強力な右ストレートと右フックが持ち味のファイタータイプのボクサー。第2回ジュニア・チャンピオンズリーグ全国大会U-12(12歳以下)47・5キロ級優勝。(永田岳彦、写真も)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ