PR

スポーツ スポーツ

松坂、14年ぶり西武復帰 スタートの地「楽しみ」

26歳の誕生日を完封勝利で飾った西武の松坂大輔投手=2006年9月
26歳の誕生日を完封勝利で飾った西武の松坂大輔投手=2006年9月

 プロ野球西武は3日、中日を退団した松坂大輔投手(39)と契約に合意したと発表した。14年ぶりの復帰となる。松坂は球団を通じ「プロ野球選手としてのスタートであり、育ててもらった所沢、そしてライオンズファンの皆さんの前で再び野球ができることをとても楽しみにしている」とコメントした。

 松坂は1998年のドラフト会議で3球団競合の末、ドラフト1位で西武に入団。1年目に16勝を挙げて新人王に輝き、新人から3年連続で最多勝を獲得するなど2007年に米大リーグに移籍するまでエースとして活躍した。15年にソフトバンクで日本球界に復帰。18年からプレーした中日に来季の契約を打診されていたが、新たな環境を求めて退団した。

 プロ野球通算で218試合に登板して114勝65敗1セーブ、防御率3・04。大リーグでは通算158試合で56勝43敗1セーブ、防御率4・45。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ