PR

スポーツ スポーツ

日本大が上位リーグ復帰 アメフト悪質反則問題

最終戦を勝利で終えて上位リーグ復帰を決め、喜びを表す宮川泰介(91)ら日大選手=1日、横浜スタジアム(鈴木健児撮影)
最終戦を勝利で終えて上位リーグ復帰を決め、喜びを表す宮川泰介(91)ら日大選手=1日、横浜スタジアム(鈴木健児撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 悪質反則問題で揺れた日本大アメリカンフットボール部は1日、横浜市の横浜スタジアムで行われた関東大学1部下位リーグで桜美林大に48-27で勝って7戦全勝で優勝し、来季の上位リーグ復帰を決めた。

 昨年5月に関西学院大との定期戦で危険なタックルをして相手選手を負傷させ、昨季は出場資格停止処分を受けてリーグ戦に出場できなかった。今春に処分が解け、下位リーグから再出発した。

 反則の当事者だった4年生の宮川泰介選手は不起訴となったことを受けて11月半ばに戦列復帰。大学最後となった試合後は仲間と「ありがとう」と声を掛け合いながら抱き合い「自分の未熟さでチーム、けがをさせた選手や多くの人に迷惑をかけた。チームメートのみんなとできたことには感謝の気持ち」と心境を口にした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ