PR

スポーツ スポーツ

バド桃田、緩急自在で2連覇「出し切れた」

【第73回全日本総合バドミントン選手権 決勝】<男子シングルス>優勝し、喜ぶ桃田賢斗=1日、駒沢オリンピック公園総合運動場体育館(鴨川一也撮影)
【第73回全日本総合バドミントン選手権 決勝】<男子シングルス>優勝し、喜ぶ桃田賢斗=1日、駒沢オリンピック公園総合運動場体育館(鴨川一也撮影)

 ゆっくりした展開に持ち込んだかと思えば、一転してキレのあるスマッシュを放った。バドミントンの全日本総合選手権男子シングルスで、桃田は緩急を自在に操り2連覇を達成した。「この大会は取りたいと最初から言っていて、自分の持っているものを出し切れた」。さわやかな笑みを浮かべた。

 「試合前は足が震えるくらい緊張していた」という。コートでは別人だった。第1ゲームは序盤からリードし21-14で先取。第2ゲームも終始主導権を握った。最後は空いた敵陣にスマッシュを沈めて21-12で奪い、力強くガッツポーズした。

 1回戦から全試合ストレート勝ちで頂点に立った。「攻撃力が上がっていると実感した」と手応えをつかんだ一方、「自分が目指している世界1位にはまだまだ遠い」とも。日本のエースは、さらなる高みを見据えている。(久保まりな)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ