PR

スポーツ スポーツ

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】「カラスを食え」の秘訣…神様バースを知る生き証人の考察

 まずバースは日本に溶け込む努力を惜しみませんでした。川藤や岡田とロッカールームでは将棋を楽しみ、ナインとの交流を惜しみませんでしたね。有名な言葉があります。これは米国の雑誌のインタビューに答え、それが逆に吉田義男監督への“批判”のように捉えられた面もあったのですが、バースは日本プロ野球で大成功した秘訣(ひけつ)についてこう話したのです。

 「たとえ嫌でも日本では監督が“カラスを食え”と言えばカラスを食べなくてはいけない」

 バースが本当に言いたかった真意はそれほどまでの覚悟を持って、日本流にアジャスト(適合)しなくてはいけない…という意味でした。実際にさまざまな日本流にストレスを感じながらもそれを腹の中でかみ砕いてグラウンドに向かっていったのです。

 打撃も進化させていきました。バースは米国ではツインズ-ロイヤルズ-エクスポズ-パドレス-レンジャーズと渡り歩きました。しかし、守備に難があって足も速くない。長打力もメジャーでは平均点…。しかし、渡米して外国人選手の調査を行っていた安藤統男監督がティー打撃を行っていたバースを見初めたという話があります。黙々とティーを打っていたバースのスイングや打撃フォームを見て「面白い」となったそうです。

 しかし、来日した当初はブンブンと振り回し、外角の変化球にクルクルとバットは空を切っていたのです。そこからバースは打撃のスタイルを日本流に変えていきましたね。まずバットを変えました。重心を先端側に持っていき、重いバットを使ったのです。そして、上からボールを潰す感じでたたきにいったのです。振り回す打撃から上からたたきつぶす打撃への変身でした。来日1年目の打率は2割8分8厘でしたが、2年目は打率3割2分6厘。振り回さなくなったことで、低めや外角の変化球を見極められるようになったのです。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ