PR

スポーツ スポーツ

横浜M、攻撃的スタイルで完勝 優勝争い優位

【サッカーJ1川崎フロンターレ対横浜F・マリノス】後半 ドリブルする横浜M・マテウス=等々力陸上競技場(福島範和撮影)
【サッカーJ1川崎フロンターレ対横浜F・マリノス】後半 ドリブルする横浜M・マテウス=等々力陸上競技場(福島範和撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 サッカーJ1リーグは川崎市等々力陸上競技場などで9試合が行われ、横浜Mは川崎を4-1で破った。

 覇権の移行を感じさせる完勝劇だった。攻撃的なサッカーを掲げるチーム同士の対戦で、横浜MはJ1連覇中の川崎から大量4得点。「単なるエンターテインメントではなく、結果ももたらすサッカーをしてくれた」。ポステコグルー監督は納得の表情でうなずいた。

 目指してきたサッカーを見事に描いてみせた。大切な時間帯である前後半の早い時間帯にゴールを奪い勝負を決めた。

 前半8分の先制点は、最後尾からパスをつなぐ姿勢が生み出した。GK朴一圭とDFは自軍ゴール前で相手のプレスをかいくぐりパス交換。左サイドに展開するとマテウスの折り返しを、右サイドからゴール前に入ってきた仲川が押し込んだ。

 1-0で迎えた後半4分には、右サイドバック松原のパスをエリキが右足で流し込んだ。自陣で最終ラインを構成するサイドバックが相手陣中央まで進入する他チームにないスタイルで差を広げると、勢いは止まらず、さらに2点を加え、4-1の完勝。勝ち点だけでなく、得失点差でもトップに立った。

 圧倒的に有利な立場で、最終節のFC東京との一騎打ちを迎える。4点差以上で負けない限り、優勝が決まるが、守りに入る気は一切ない。主将の喜田は「勝って優勝することでこそ、これまでの取り組みが間違ってなかったと証明できる」。攻撃的姿勢を保ち15季ぶりの優勝を果たすつもりだ。(五十嵐一)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ