PR

スポーツ スポーツ

エースの森「ナショナルチーム全員で強くなった」 日本女子史上初の団体金 世界トランポリン

女子団体で優勝して喜ぶ日本の佐竹、土井畑、森(左から)=有明体操競技場
女子団体で優勝して喜ぶ日本の佐竹、土井畑、森(左から)=有明体操競技場
その他の写真を見る(1/2枚)

 カメラの前に並んだ日本の選手たちは、うれしそうに指を1本突き立てた。トランポリンの世界選手権で日本女子史上初の団体金メダル。「跳ぶのは3人だったけど、ナショナルチーム全員で強くなった。最高です」。森に笑顔が広がった。

 日本は1番手の土井畑が移動の少ない演技で55・215点と好調に滑り出した。2番手の佐竹も53・915点とうまくまとめた。すると、優勝候補・中国の2番手がミスで演技を中断した。流れは一気に日本のものになった。

 最後は森。東京都出身の20歳は、地元の声援をプレッシャーではなく力に変えた。「エースと呼ばれるには、ここでしっかり演技しないといけない」。全体トップの56・095点をマークして、見事に締めくくった。東京五輪の出場権が懸かる30日の個人準決勝へ、大きな弾みをつける世界一の称号だった。(宝田将志)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ