PR

スポーツ スポーツ

吉田正、2億円でサイン オリ主砲「最高の評価」

 オリックスの吉田正尚外野手が29日、大阪市内の球団施設で契約交渉に臨み、1億1500万円増の年俸2億円で更改した。金額を聞かれると「トゥーハンドレッド、ミリオン」と笑みを交えて英語で表現し「最高の評価をしていただいた」と白い歯を見せた。

 4年目の今季は2年連続で全143試合出場を果たしてベストナインに輝いた。打率・322、168安打、29本塁打といずれも昨季を上回る成績を残したが、打率、安打数はリーグ2位で念願の打撃タイトルを逃し「勝った選手が上。もっと詰めていく」と意欲を燃やした。

 日本代表として出場した国際大会「第2回プレミア12」で優勝に貢献したものの、決勝は出番がなかった。「一プレーヤーとして、そこに立ちたかった」と悔しさをにじませ、東京五輪代表入りを目指し「もう一回アピールして、選んでもらえる数字を出すためにも開幕から大切」と来季を見据えた。(金額は推定)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ