PR

スポーツ スポーツ

J2大宮がファーベーク氏弔意 山形戦で喪章、黙とう

 サッカーJ2大宮は29日、元監督でオランダ出身のピム・ファーベーク氏ががんの闘病の末に死去したことを受け、「深い悲しみに包まれております。哀悼の意を表するとともに、安らかにご永眠されますよう、心よりお祈り申し上げます」と森正志社長名で弔意を表す談話を発表した。

 12月1日のNACK5スタジアム大宮で行われるJ1参入プレーオフ1回戦、山形戦で選手が喪章をつけ、黙とうをささげる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ