PR

スポーツ スポーツ

“逆転シード権獲得”へ 森田遥が単独首位

エリエールレディスオープンに出場する森田遥=愛媛県松山市(加藤孝規撮影)
エリエールレディスオープンに出場する森田遥=愛媛県松山市(加藤孝規撮影)

 「もう失うものがないという思いです」とは森田遥だ。来季のシード権争いの“最終戦”である今大会に賭けていた。

 「今季の前半戦はスイングだけでなく、クラブも合わなく、全てが悪い方向にいっていた。けど最近やっと調子が上がってきた。試合はもうないけど、やるしかない」

 今季獲得賞金額は約1750万円でランキング61位。シード圏内の50位以内に入るには、今大会単独3位以内が最低条件だが、苦境の中で森田のゴルフはさえた。

 11番(パー5)では、ピンまで100ヤードの第3打を50度のウエッジでカップインさせるイーグルを奪うなどスコアを5つ伸ばし、通算15アンダーで単独首位に立った。

 最終日最終組は昨年の「ニトリレディース」以来4度目。過去、そこからの優勝はない森田だが、この日最終組で回り“予行演習”を終え、プレッシャーはない。シード権争い最終戦で優勝なら2002年の小林浩美(現日本女子プロゴルフ協会会長)以来、史上3人目の快挙となる。

 「目の前に1打に集中するだけ」。2年ぶりの優勝とシード権獲得を狙っている。

   (清水満)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ