PR

スポーツ スポーツ

【春高バレー】愛媛・男子は新田、女子は松山東雲

高さを武器に多彩な攻撃を繰り出す新田の後藤陸翔選手=愛媛県総合運動公園体育館
高さを武器に多彩な攻撃を繰り出す新田の後藤陸翔選手=愛媛県総合運動公園体育館
その他の写真を見る(1/3枚)

 「春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高校選手権大会の愛媛県代表決定戦(県バレーボール協会、産経新聞社など主催)の決勝戦が23日、県総合運動公園体育館で行われ、男子は新田が3年連続19度目、女子は松山東雲が4年連続6度目の優勝をそれぞれ果たし、全国大会への出場を決めた。

 【男子】

 2セットを連取された新田が第3セットから巻き返した。エース・後藤陸翔の力強いスパイクやジャンプサーブでリズムをつかみ、3セットを連取。逆転で松山工を下した。

 目の治療を終え、1カ月前にチームに復帰したばかりの永瀬壮人主将は「泥臭いプレーで勝っていきたい。序盤から走れるように、追いつかれても底力を出せるようにしたい」と全国大会を見据えた。門田典久監督は「3年間、全国大会に行かせてもらった財産がある」と話した。

 【女子】

 松山東雲が西川実花のライト攻撃で流れを作り、佐伯亜魅加の強打やブロックなど安定した実力を発揮。3-0で済美を退けた。

 千田裕子主将によると、この大会直前までチームのまとまりを欠いた点もあったというが「3年生で声を掛け合って団結を確かめた」といい、「全国大会はベスト8以上を狙っている」と次の目標を見据える。山本優里絵監督は「全国大会までに守備面を鍛えて、チームの集大成としたい」と意気込みを語った。

 ▽男子決勝

新 田  317-252 松山工 

      22-25      

      26-24      

      26-24      

      15-10      

 ▽女子決勝

松山東雲 325-190 済  美

      25-18      

      25-17      

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ