PR

スポーツ スポーツ

男子は福島商と相馬 女子は郡山女大付と聖光学院が決勝へ 春高バレー福島県代表決定戦

【男子準決勝・福島商-福島工】第2セット、福島商・菱沼がスパイクを放つ=19日、福島市国体記念体育館(芹沢伸生撮影)
【男子準決勝・福島商-福島工】第2セット、福島商・菱沼がスパイクを放つ=19日、福島市国体記念体育館(芹沢伸生撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 「春の高校バレー」として行われる第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会の出場権をかけた福島県代表決定戦が19日、福島市の国体記念体育館で開幕した。

 開会式では、磐城第一の野木樹里奈主将(3年)が「日ごろの練習の成果を十分に発揮し、台風や大雨で被害に遭った方々に勇気や元気、そして感動を与えられるよう一戦一戦、戦い抜くことを誓います」と力強く宣誓した。

 初日は男女とも1回戦と準決勝の計12試合が行われ、男子は福島商と相馬が、女子は郡山女大付と聖光学院が決勝進出を決めた。20日は同体育館で午前10時から男子、同11時半から女子の決勝が、それぞれ行われる。

 結果は以下の通り。

 ▽男子1回戦

福島商 2-0 白河  

福島工 2-0 郡山  

郡山北工2-0 会津学鳳

相馬  2-0 勿来工 

 ▽男子準決勝

福島商 2-0 福島工 

相馬  2-1 郡山北工

 ▽女子1回戦

郡山女大2-0 磐城第一

付           

橘   2-0 相馬東 

郡山東 2-1 あさか開

        成   

聖光学院2-0 湯本  

 ▽女子準決勝

郡山女大2-0 橘   

付           

聖光学院2-1 郡山東 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ