PR

スポーツ スポーツ

ラグビー日本代表、ジョセフHCが続投 23年末まで

ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(山田俊介撮影)
ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(山田俊介撮影)

 日本ラグビー協会は18日、ワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表を8強に導いたジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ=HC=(49)と2023年末まで契約を更新すると発表した。決定は16日付で、契約期間は来年1月1日から。現在の契約期間は19年末までだった。

 ジョセフHCは16年秋に就任。2日に閉幕したW杯で日本は1次リーグを4戦全勝で突破して初の決勝トーナメントに進み、準々決勝では南アフリカに敗れた。日本協会を通じ「目標としていたベスト8を達成したが、その先を見据えると、まだまだやらなければならない課題がある。もう一度日本代表と一緒にチャレンジする道を選んだ」とコメントした。

 日本協会は継続強化に向けて10月下旬に続投要請することを決め、交渉を進めていた。森重隆会長は「就任後、わずか3年間で日本代表を世界レベルにまで強化してくれた手腕を高く評価している。これからの4年間、さらに強化してくれることを期待している」と談話を発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ