PR

スポーツ スポーツ

トンプソン、W杯後初試合 ラグビー日本代表

トップチャレンジリーグの清水建設戦で突進する近鉄のトンプソン=ヤンマーフィールド長居
トップチャレンジリーグの清水建設戦で突進する近鉄のトンプソン=ヤンマーフィールド長居
その他の写真を見る(1/2枚)

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で史上初の8強に入った日本代表のロック、トンプソン・ルーク(近鉄)が17日、大阪市のヤンマーフィールド長居で、W杯後初の公式戦となるトップチャレンジリーグの清水建設戦に臨んだ。

 日本代表のW杯最多出場記録を持つ38歳。今季限りでの現役引退を表明している。W杯の準々決勝から約1カ月にも「毎試合、めっちゃ大事」と先発を志願した。後半途中に退くまで、力強いタックルなどを見せて、64-29の勝利に貢献した。下部リーグにもかかわらず5068人の観客が集まり「びっくり。うれしい。すごくいい感じ」と傷ができた顔で喜んだ。

 次戦は本拠地の大阪・花園ラグビー場で開催される。「特別な場所で僕の実家。気持ちはちょっと違う」と感慨深げに話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ