PR

スポーツ スポーツ

金谷、アマ4人目の優勝 男子ゴルフ、松山以来

【男子ゴルフ 2019三井住友VISA太平洋マスターズ】優勝を決め、カップを掲げる金谷拓実 =太平洋クラブ御殿場コース(撮影・中井誠)
【男子ゴルフ 2019三井住友VISA太平洋マスターズ】優勝を決め、カップを掲げる金谷拓実 =太平洋クラブ御殿場コース(撮影・中井誠)

 男子ゴルフの三井住友VISA太平洋マスターズ最終日は17日、静岡県太平洋クラブ御殿場(7262ヤード、パー70)で行われ、首位から出たアマチュア世界ランキング1位の21歳、金谷拓実(東北福祉大)が最終ホールで劇的なイーグルを決めるなど65で回り通算13アンダー、267で優勝した。男子ツアーでアマが勝つのは2011年大会の松山英樹以来で、倉本昌弘、石川遼らに続く4人目の快挙。

 ショーン・ノリス(南アフリカ)が1打差の2位となり、優勝賞金額の4千万円を獲得。通算8アンダーのY・E・ヤン(韓国)が3位、堀川未来夢が4位。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ