PR

スポーツ スポーツ

「共犯と認めるには疑い」 アメフト反則不起訴

 日本大アメリカンフットボール部の悪質反則問題で、東京地検立川支部は15日、不起訴とした内田正人前監督(64)と井上奨元コーチ(30)について、反則行為のタックルをした宮川泰介選手(21)とのやりとりや、タックル後の状況から「宮川選手の共犯と認めるには疑いが残る」として、嫌疑不十分だと明らかにした。

 同じく不起訴とした宮川選手については「被害者側と示談が成立していることを考慮した」として、起訴猶予とした。宮川選手は「今回の経過と処分を重く受け止め、今後の糧とする」とのコメントを出した。内田前監督は「厳正中立な立場で事実解明に尽力いただいた警察、検察庁に敬意を表したい」としている。日大は「詳細を把握していないのでコメントを差し控える」とした。

 悪質タックルがあったのは、昨年5月6日に東京都調布市で実施された日大と関西学院大の定期戦。パスを投げ終えて無防備な状態だった関学大の選手に宮川選手が背後からタックルして転倒させ、腰などにけがを負わせた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ