PR

スポーツ スポーツ

平野の代理人が5球団と交渉 12月に本格化の見通し

 平野佳寿投手
 平野佳寿投手

 米大リーグのダイヤモンドバックスからフリーエージェントになった平野佳寿投手について、代理人を務めるボグズ氏が12日、米アリゾナ州スコッツデールで「アリゾナ(ダイヤモンドバックス)を含む5球団と連絡を取り合っている」と話した。12月のウインターミーティング前後に本格的な交渉に入る見通しだという。

 平野は今季、62試合に登板して5勝5敗、防御率4.75だった。メジャー2年で通算137試合に投げており、ボグズ代理人は「去年ほど良くなかったが、まだ大きな価値がある。救援投手の市場が動きだせば忙しくなるだろう」と分析した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ