PR

スポーツ スポーツ

【春高バレー】13日に茨城県予選決勝 男子は土浦日大vs霞ケ浦、女子は土浦日大vs牛久

【土浦日大-日立二】エースとしてチームを牽引した日立二の石崎愛香選手=12日午後、茨城県日立市の池の川さくらアリーナ(永井大輔撮影)
【土浦日大-日立二】エースとしてチームを牽引した日立二の石崎愛香選手=12日午後、茨城県日立市の池の川さくらアリーナ(永井大輔撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 「春の高校バレー」として行われる第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞社など主催)の茨城県予選は12日、池の川さくらアリーナ(日立市)で男女の準々決勝と準決勝が行われ、男子は土浦日大と霞ケ浦、女子は土浦日大と牛久が13日の決勝へ駒を進めた。女子は、優勝候補と目されていた大成女が準決勝で敗れる波乱の展開となった。

 2連覇を目指す大成女は準々決勝で水戸女と対戦。「事実上の決勝戦」との前評判もあった注目カードを危なげなく勝ち抜き、準決勝で牛久とぶつかった。

 「挑戦者」の立場で臨んだ牛久だったが、大成女の攻撃を粘り強く拾っては間隙を突き、強豪校相手の激戦を制した。「我慢して我慢してチャンスをものにするのがスタイル」と牛久の渡辺修士監督。大成女の花野裕祥監督は「牛久の粘りに耐えきれずに自滅した」と敗因を分析した。

 男子は、準決勝第1試合で、昨年優勝校の土浦日大が強烈なスパイクと高さあるブロックで常総学院にストレート勝ちした。第2試合では霞ケ浦が多彩な攻撃で得点を重ねて勝田工を抑えた。(谷島英里子)

■「公立の星」涙拭い前へ~日立二2年・石崎愛香選手

 5月の高校総体県予選では、公立校としては実に27年ぶりとなる優勝の立役者として活躍し、「超高校級エース」と評される。

 持ち味の強烈なスパイクは「来ると分かっていても止められない」(大畠康弘監督)。2年生ながら、すでに複数の大学から水面下で入学の誘いがあり、Vリーグの関係者からも声がかかっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ