PR

スポーツ スポーツ

逸ノ城は椎間板ヘルニア 4週間の安静加療

逸ノ城
逸ノ城

 日本相撲協会は10日、大相撲九州場所を初日から休場した東前頭12枚目、逸ノ城(26)=本名アルタンホヤグ・イチンノロブ、モンゴル出身、湊部屋=の診断書を公表し、10月29日付で「腰椎椎間板ヘルニアで約4週間の安静加療を要する」との内容だった。

 元関脇の逸ノ城は今場所を全休すれば、平成26年名古屋場所以来の十両転落が確実になる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ