PR

スポーツ スポーツ

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】“就活”鳥谷は売り手市場、その理由は

イベントで子供たちと交流する鳥谷敬=東京都三鷹市(撮影・桐原正道)
イベントで子供たちと交流する鳥谷敬=東京都三鷹市(撮影・桐原正道)

 阪神を退団して他球団での現役続行を目指す鳥谷敬内野手(38)のエージェント(代理人)側が新天地に2年契約、シーズン80試合以上の出場機会を求めているという情報があります。鳥谷の今季成績は74試合に出場して打率2割7厘、0本塁打、4打点。プロ16年目の今季は大きく出場機会を減らし、成績も下降しました。それでも移籍を模索する他球団に2つの“条件”を示しているのならば、鳥谷自身の自信の表れですね。注目の新天地はフリーエージェント(FA)&ポスティング市場が落ち着いた後に決まる公算が大きく、DeNA、広島、西武、ロッテなどが獲得調査を進めているとみられています。

思い出いっぱいの秋の安芸…

 10月31日から始まった矢野阪神の高知・安芸秋季キャンプを取材で訪れました。11月19日に打ち上げられる20日間の練習は当然ながら若手主体。メイングラウンドでは大山や高山、梅野、北條、中谷らが新任の井上一樹打撃コーチの下、ロングティーや笛を使って打撃の間を取るティー打撃などに精力的に取り組んでいましたね。

 さらにブルペンでは中日一筋29シーズンで219勝を飾った山本昌氏が臨時コーチを務め、藤浪や青柳、高橋遥らを熱血指導。チェンジアップの効用を説き、特に藤浪とは二人三脚で再生プログラムを進めていましたね。制球難が治らず、フェニックス・リーグでの最終登板となった10月26日の韓国ハンファ戦でも4回で9四球と大乱調だった藤浪が“山本道場”で立ち直るならば、これは大ヒット人事となるでしょう。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ