PR

スポーツ スポーツ

【鬼筆のスポ魂】山本臨時コーチで藤浪再生となるか

安芸キャンプで藤浪(右)を指導する山本臨時コーチ(水島啓輔撮影)
安芸キャンプで藤浪(右)を指導する山本臨時コーチ(水島啓輔撮影)

 安芸のブルペンが活気にあふれている。主役は矢野燿大監督(50)でもなければ、主力投手でもない。臨時投手コーチの山本昌氏(54)が縦横無尽に動き回り、投手たちを指導。特に今季0勝に終わった大型右腕、藤浪晋太郎(25)の再生法が注目され、2人の“師弟関係”がホットな話題となっている。

 山本氏は阪神の高知・安芸秋季キャンプ(10月31日~11月19日)に初めて臨時コーチとして参加した。中日の現役時代にバッテリーを組んでいた矢野監督に指導を請われて快諾。タイガースの帽子を被ってグラウンドに登場するや、藤浪の肩をポンポンとたたき、そこから二人三脚の再生プランが始まった。

 「投球がスッポ抜けるのはリリースの時に右手首が寝ているから。手首を立てて、縦のラインを崩さなければボールは散らばらない」と話した山本臨時コーチは自らの現役時代に有効だったチェンジアップの握りを伝授。チェンジアップを投げることで手首が自然と立ち、直球を投げるときにも手首が寝ない…という“副産物”が生まれると熱心に説いた。

 藤浪も真剣に耳を傾けて(1)手首を立たせる(2)リリースの時にボールを縦にたたく-というテーマで連日の熱投。2人の間に流れる充実した空気感だけを見れば、やっと藤浪復活の糸口が見えたか…と胸が熱くなる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ