PR

スポーツ スポーツ

W杯戦士が次々と参戦 日本のトップリーグはラグビーオールスターズ

 11月2日まで44日間にわたり熱戦が繰り広げられたラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会。初の8強入りを成し遂げた日本代表はもちろん、強豪国のプレーヤーたちにも多くの人が魅せられたはずだ。だがW杯閉幕後も、引き続き世界最高峰のプレーを日本で楽しむことができる。国内リーグのトップリーグに、海外チームのW杯代表たちが相次いで参戦するからだ。W杯では実現しなかったニュージーランド勢と豪州勢の対決に、日本代表選手との競演。4年に1度の祭典が終わっても、まだまだラグビーから目を離せそうもない。

NZ主将と〝ジャッカル〟姫野が競演?

 「日本でたくさんの特別な思い出ができた。また戻ってくるのを楽しみにしている」。史上初の3連覇を目指しながら、3位に終わったニュージーランド。その3位決定戦を最後に代表を引退したオールブラックスの主将は、新天地を日本に求めた。2013年には年間最優秀選手に輝いたナンバー8のキーラン・リードは、今季からトヨタ自動車でプレーする。

 トヨタ自動車のナンバー8には今大会、倒れた相手のボールを奪う「ジャッカル」を新語・流行語大賞の候補になるまで知らしめた姫野和樹がいる。リードとはポジションが重なるが2人ともフランカーでもプレーできるため、豪華な競演が実現する可能性もある。

 オールブラックスのFWでは、ロックとして同国歴代最多キャップを誇るサミュエル・ホワイトロックも今季、パナソニックに加入する。パナソニックにはW杯優勝チームの南アフリカ代表からもセンターのダミアン・デアレンデが加わり、豪州代表フランカーのデービッド・ポーコックも復帰。福岡堅樹や稲垣啓太、堀江翔太ら日本代表6人を擁するチームが、さらに強力なメンバーとなる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ